アメリカとイギリスで美容師修行積んできました。

海外での美容師経験

海外就労体験:匿名希望

世界のファッションを肌で感じるために

40afb29e4ae7212d5a0124b449738129
日本の美容室で働いている方の中には、
「ワーキングホリデーを使える年齢までに海外を経験してみたい。」
と考える方や、
「ワーホリではなくてもインターン等で海外勤務を経験してみたい。」
と思ったことがある方も多いと思います。

ファッションに関心があると、
日本だけではなく世界のファッションを生で見たり体感したいと思う気持ちも強く、
最先端や自身のスタイルを感じたいと思うことがあるのではないでしょうか。

私は、そんな気持ちからアメリカとイギリスに行ってきた経験があります。

イギリスでの修行

main69
私自身ワーホリを使おうかなとも思いました。

ですが、行き先も割と限定されていたことや、
思っているよりも時間がかかりそうだったので、
ワーホリは使わないで行くことにしました。

私はまずイギリスに行って、
ファッションの意識を高めてからアメリカへ行こうと思いました。

ヘアースタイルに関しては、
イギリスの方がスタイリッシュだと感じたこともあったのと、
イギリスを経験してからアメリカに行った方が、
より自由を感じることができるのではないかと思ったからでした。

しかし、この順序が良かったのかどうか、今ではわかりません。
もしかしたら、アメリカが先だった方が良かったかもしれません。

イギリスはヨーロッパとはいえど、日本と同じ島国です。

島国には特有の閉鎖感があります。

日本もどちらかというと保守的で、
大量の移民が入ってくることにかなり抵抗があると思います。

陸続きの国にはその感覚が薄いように思えます。
当初、英語をゆっくり喋ってくれないのは当たり前だと思っていましたが、
アメリカに移ってからゆっくりとわかりやすく話してくれる人が多くいることで、
イギリス特有の文化だったということがわかりました。

おかげで英語に慣れるのは早くなったかもしれませんが、
訛りが違うのでなかなか苦戦しました。

美容師として、
違う国に住んでいるということ自体で得られる刺激は多かったです。

日本と全く違う常識、、、、郷に入っては郷に従え!?

Confused-face-crop-final
日本の場合ですと、
お客様に合ったスタイリングを提案、話し合いができるのですが、
かなりの英語レベルに達さないと提案はできないと知りました。

さらに、欧米は自分を通すことが多いので頭の形や髪質上、
「希望されているスタイルは似合わない」
「思っている通りの仕上がりにはならない。」

ということを仮に伝えられたとしても、

「なぜ言った通りにしないんだ。」
的な怒りを買ってしまいます。

海外は独自のファッション性や精神があるため、
客観的に見るとカッコよく見えますが、
その中に飛び込んで見るとセンスと人物がマッチしているケースと、
そうでないケースも多くあるということがわかりました。

日本人は無難ながらに身の丈にあった、
ちょうどいいファッションを選んでいるということがわかりました。

美容師として働く上で海外ならではの苦戦は、
東洋人と欧米人では頭の形や髪質などが違うので、
日本で培った技術は基本的にリセットされるということです。

頭の形が違うので、
カットへのアプローチも変わってきます。

髪の色も黒ばかりではないので、
カラー剤などの知識を学びなおす必要があります。

ただ、自由度はかなり高いので日本のように会社の規則上、
あまり髪を明るくできないなどの縛りは少なく、
奇抜なカットやビビッドな色をスタイリングする機会はたくさんありました。

当初、壁を感じていましたが日本人としての、
技術や発想に興味を持ってもらえた時は距離がグッと近くなりました。

アメリカでの修行

lgi01a201307112000
アメリカに関しては基本的にオープンな空気ですが、
仕事のミスになるととてもシビアでした。

重要な部分は確認しておかないと、後で大変なことになると学びました。

不機嫌になる。
二度と来ない。
というレベルではなく、徹底的に攻め込んできます。

「おまかせで」
と言われても、

「このくらい短くするけどいい?」

のような確認を怠ると、

「こんなことになるなんて信じられない」という結果になります。

アプローチに違いはあれど、
確実に経験にはなるので海外で得たものは多かったなと思います。

海外での経験から得た事

FREE-images-Picjumbo-e1449863106638
実際に海外で得た技術や、自由な発想、経験などは、
その後の私の美容師人生に多大な影響を与えました。

そして、いつしか自分の強みとして生きていると気付いた時に、
本当に有意義な期間だったんだなと思いました。

美容師だけに限らず、どんな職業の方でも、
海外という何もかもが異なる世界での経験は宝になります。

それぞれの国にそれぞれのルールがあるので、
入国すれば、それに従うしかありません。

その中で、自分が成長していき、
日本とは異なるルールの中で、
最大限の力を発揮しなければなりません。

それは簡単な事ではありません。

ですが、その経験は、
必ずこれからの仕事面や私生活面でプラスに働いてくれます。

新たな刺激を受けるのに、
海外での仕事経験は本当に素晴らしいと思いますので、
是非体験してみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る