失敗しない学校の選び方〜その②〜 「英語力を伸ばすのは授業じゃない」

失敗しない学校の選び方〜その②〜
「英語力を伸ばすのは授業じゃない」

どうも!
セブ留学メディア編集部
セブ島専門のサポートエージェントのケンジです!

昨日に引き続き失敗しない学校選びの方法をお伝えします。
今日のテーマは、

【英語力を伸ばすのは授業じゃない】です。

おっと、いきなり意味不明なテーマがきましたか???
ただ、あながち間違っていないので、しっかり読んでください。

私が初めてフィリピン留学の話しを聞いた時、
この疑問を持ちました。

「現地では日本人が多そうなんですか日本語使ってしまいませんか?」

おそらく気にする人は多いはずです。
その時に言われたのはこうでした。

「欧米の場合だとあり得ますが、フィリピンは授業はマンツーマンが多いし、
学校で過ごすほとんどは勉強をしているので、特に問題ないですよ」

どうでしょう?

あ〜確かに。と思ったのではないでしょうか?!

私も初めは納得してしまいました。
ただ、長年サポートエージェントとしてセブ島留学の学生を見てきた結果、、、
はっきり言わせてもらうと。

【やはり日本人が多いと、日本語を使います】

確かにセブ島留学においての授業コマ数は平均8コマと長いですが、
実はその他の時間も当然ながら結構あります。

食事の時間、夜の自由時間、部屋での会話、

週末などは授業もない訳ですし、先生がいるわけでもありません。

一緒に過ごす仲間が、日本人であれば、、、1日中日本語になる可能性も。。。

  

そうなってしまっては、せっかく英語になれつつある脳がまた日本語に引き戻されてしまいます。

う〜ん。もったいない。。。

これは、実際に現地の留学した学生から聞いた悩みなので、
こういったケースは他にもあり得ると思っています。

ですから、今日のテーマが重要となるわけです。

「英語を伸ばすのは授業ではない」
「授業以外の時間をいかに過ごすかが重要」

ということです。
もちろんずっと英語だとちょっと疲れてしまう!

という人もいるので、かならずしも日本語を避ける必要はないですが
特に会話重視のスキルアップを求める方には、
注意してほしい点だと思います。

おそらく普通の留学エージェントなら、こういったマイナスに感じるポイントは
なかなか話してくれないかもしれません。。。
英語勉強したい人に、「日本語もつかっちゃいますよ」

なんて普通は言わないですよね???笑
ちょっとガッカリする人も出てきそうな内容ですからね、、、(^_^;)

まぁもちろん自分次第で解決できる問題ではありますよ!!

留学支援のエージェントさんも
最近ではかなりたくさん増えてきた様に感じます。

正しい情報が何か判断するのが難しくなって来た方は、
是非、マイナス部分の情報を集める様にしてみてください!
 

まとめますと

・フィリピン留学で本気で会話を伸ばしたい人は、
日本人の在学比率も気にするべき!

・授業以外の時間をいかに過ごすかも、上達に大きく関わっている

・マイナスな事も話してくれる留学エージェントを見つけよう!

です。

参考になれば幸いです!

以上
セブ島留学サポートエージェント
ケンジでした!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る