カナダ留学とセブ島留学では何が違う??

カナダ・バンクーバーでの留学経験談

カナダ留学体験:匿名希望

私は、2007年の4月から半年間カナダのバンクーバーに語学留学をしました。
その時の経験談をお話しします。

留学した経緯と準備

70816322a3b3c4b70f6e2d1aed240742_s
私は大学を卒業後留学し、英語力をつけて帰国後に英会話教師になりたいと思い留学を決意しました。

私が留学前に準備したことは、語学学校を選ぶ際に、
自らの英語力向上のために英会話を学ぶ場としてどのようなことが学べる学校なのかということ、
学校の特徴などの情報を色々と収集しました。

その結果私は日本人が少なく、少人数制でのクラスを実施している学校を一つ目のスクールとして選びました。

留学中に自分の興味や関心、学びたいことなども変わってくると思ったので、
それに応じて語学学校や専門学校を現地に行ってから探したいという思いもありました。
なので最初の語学学校は3ヶ月での申し込みをし、
現地に行ってから実際に体験レッスンや見学をして2校目の語学学校を選ぶことができました。

カナダのバンクーバーは留学に人気のエリアなので、
世界各国から英語を学びに来ている人がいて語学学校が数多くあります。
現地でも留学情報センターがあり、有効に利用することで様々な情報を収集することができ、
安心して留学生活を送ることができました。

授業を受けた感想

408401b76d3fd0e6f39b15f63aae6d84
授業を受けた感想は、中級レベルの英会話力をつけて、
ある程度コミュニケーションがとれる段階で留学をした為、
私にとって留学が実践の場として大きく英語力をアップできる機会になったと思います。

留学をしたから英語が話せるということではなく、しっかりと英会話の勉強をして、
準備をしてから留学してよかったと思いました。

クラスメイトには台湾人、韓国人、ベルギー人やドイツ人などヨーロッパ系の生徒、
ブラジル人、メキシコ人など多国籍の人々がいました。

皆主張が強く、文法はあまり正しくないけれども、
とにかく口に出してしゃべる人が多かったことが印象に残っており、
圧倒されたことを覚えています。

私は先生に
「あなたは文法も正しく、上手に英語を話せるのだから、
もっと自信を持って積極的に発言したら大丈夫。」

と言われ、より意識をしてクラスで発言をするようにしました。

日本の文化や習慣を紹介する場もクラスではあるので、
日本代表として日本の文化や歴史、観光スポットなどを紹介する為に、
写真などを用意して見せながら英語で説明できるように準備をしていくとよいと思いました。

現地で喜んでもらったプレゼントとは?

その他、準備として持っていってよかったのは日本からのお土産でした。
私のホストファミリーはお父さん、お母さん、7歳の男の子、9歳の女の子の4人家族でした。

小さい子供達には、日本のキャラクターグッズといえば、
ポケモンやキティちゃんなどのおもちゃや文房具を用意しました。

また、一緒に遊べるものとして日本のおもちゃの、
剣玉やお手玉、おはじき、こまなども用意し、一緒に遊ぶことができました。

お父さんとお母さんには事前に名前がわかっていたので名前入りの夫婦箸を用意し、
とても美しいと渡した時に喜んでくれ、飾ってくれたことが嬉しかったです。

日本独特の和柄のものは海外では珍しく喜んでもらえるので準備するといいと思います。
語学学校で仲良くなった友達にも日本のキャラクターのストラップや、
文房具などを用意していき、お別れの時にプレゼントとして渡すと喜んでくれてよかったです。

バンクーバーの観光名所

57af342973b9778fdb4ed34377f0daf6_s
また、バンクーバーには観光名所も多くあり、
スタンレーパーク、キャピラノつり橋、グラウスマウンテン、
ショッピングやグルメが楽しめる場所のグランビル・アイランドなどがあります。

事前にガイドブックで色々と調べ、
せっかくの滞在期間中に絶対に行くぞという気持ちで、
放課後や週末に学校でできた友達と行くことが良いと思います。

ビクトリアやカナディアンロッキー、アメリカのシアトルにも旅行に行くことができ、
カナダならではの美しい花々や山々、湖の景色が本当に素晴らしく、忘れられない思い出となっています。

留学を終えて。。。

Pic31
そういった絶景や観光スポットなどもやはり素敵でしたが、
何より人生においてすごく大事なことを勉強することができました。

それは、留学という一歩を踏み出したからこその結果だと思います。

価値観や考え方、生き方などに刺激を与え、成長を促すのなら、
留学という手段はすごくオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る